このページの先頭です このページの本文へ

Yahoo! BB会員情報

Yahoo! BBサービス会員規約

ヤフー株式会社

第1章 総則

第1条(規約の適用)

  1. Yahoo! BBサービス会員規約(以下「本規約」といいます。)は、ヤフー株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するYahoo! BB基本サービス(以下「本サービス」といいます。)を利用する者(以下「利用者」といいます。)に適用されます。
  2. 本規約は、Yahoo! JAPAN利用規約(以下「ヤフー利用規約」といいます。)の一部です。利用者には、本規約に別段の定めがある場合を除き、ヤフー利用規約 第1編 基本ガイドラインおよび第2編 第6章 Yahoo!メールガイドラインが適用されます。
  3. 当社は、本規約に関する追加、削除、特約等の条件(以下「特約条件」といいます。)を別途定めることがあります。この場合、特約条件は本規約の一部を構成するものとします。本規約、ヤフー利用規約および特約条件の間に齟齬が生じた場合、特約条件、本規約、ヤフー利用規約の順番に適用されます。
  4. 当社は、当社のウェブサイトへの掲載その他の適切な方法により、会員に対し、変更の旨および変更後の内容ならびに変更の効力発生日を周知することで、本規約および特約条件を変更することができるものとします。その場合、料金その他の本サービスの提供条件は、変更後のそれらの規定によります。

第2条(用語の定義)

  • 本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
    (1) 「本サービス」とは、会員向けに当社が提供する、当社のメールサービス「Yahoo!メール」の付加機能および当社が任意に定める優待特典のサービスをいいます。当該優待特典のサービスは、こちらでご覧になれます。
    (2) 「会員契約」とは、本サービスを利用するために必要な本規約に基づく契約をいいます。
    (3) 「会員」とは、当社との間で会員契約が成立した利用者をいいます。
    (4) 「指定サービス」とは、当社の提携先事業者(以下、単に「提携先事業者」といいます。)が提供するインターネット接続サービスおよび通信回線提供サービスをいいます。
    (5) 「指定サービス契約」とは、指定サービスにかかる規約または契約約款をいい、会員契約を締結する前提に必要となる契約をいいます。
    (6) 「消費税等相当額」とは、消費税法の規定に基づき課税される消費税および地方税法に基づき課税される地方消費税の額に相当する額をいいます。

第2章 契約の成立、本サービスの提供等

第3条(契約の単位)

  • 当社および会員は、指定サービス契約1つごとに1つの会員契約を締結することができるものとします。

第4条(申込みの資格)

  • 会員契約は、指定サービス契約を現に締結している利用者または指定サービスに申込みを行った利用者に限り、申込みができるものとします。

第5条(会員契約の申込み)

  1. 利用者は、あらかじめ本規約に同意の上、当社が定める方法により会員契約の申込みを行うものとします。
  2. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、会員契約の申込みを拒絶することができます。
    (1) 会員契約の申込みの際の申告事項に、虚偽の記載、誤記または記載漏れがあったとき。
    (2) 申込者が未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、申込みの手続が成年後見人によって行われておらず、または申込みの際に法定代理人、保佐人もしくは補助人の同意を得ていなかったとき。
    (3) 申込者が当社の提供する他のサービスの利用料の支払をなさないあるいは遅延したとき。
    (4) 申込者が過去に提携先事業者が提供するサービスの利用契約を解除されていることが判明したとき。
    (5) 申込者が過去に不正利用などにより本サービスまたは当社が提供する他のサービスの利用契約を解除されていることまたは利用を停止されていることが判明したとき。
    (6) 申込者が過去に会員契約成立前に申込みを撤回していることが判明したとき。
    (7) 申込者が指定サービス契約と同時に会員契約の申込みを行った場合において、指定サービス契約が成立しなかったとき。
    (8) その他当社が適当でないと判断するとき。

第6条(会員契約の成立)

  1. 指定サービスと同時に本サービスを申込んだ場合、指定サービス契約の成立日に会員契約も成立するものとします。
  2. 指定サービス契約成立後に本サービスを申込んだ場合、当社が当該申込みを拒絶しなかったとき、当社が当該申込みを受けた日に会員契約が成立するものとします。

第7条(契約事項の変更等)

  1. 会員は、その氏名、住所、連絡先等の当社に届出た内容に変更があった場合は、速やかにその旨を当社所定の方法により当社に届出るものとします。
  2. 会員は、次の各号の変更を希望する場合には、当社所定の方法により、当社に申込むものとします。
    (1) 利用料の支払方法
    (2) クレジットカードの番号
    (3) 会員指定の銀行の預金口座振替に利用する金融機関の口座番号等
  3. 当社は、前項の規定により変更申込みがあった場合は、変更を承諾した月の翌月の初日からの本サービスの利用について変更された事項を適用します。

第7条の2(本サービスの提供)

  • 当社は、会員契約の有効期間中、会員に対して本サービスを提供します。

第7条の3(本サービスの利用に関する手続き)

  • 会員は、本サービスを利用する場合、当社所定の手続きを事前に行うものとします。当該手続きについては、こちらでご確認ください。

第8条(第三者の定める本サービスの利用条件)

  • 会員は、第三者が会員に対して本サービスの一部を当社との契約に基づき提供する場合、当該第三者が別途利用条件を定めているときは、当該利用条件を遵守するものとします。

第3章 Yahoo! JAPAN IDの発行

第9条(Yahoo! JAPAN IDおよびパスワード)

  • 当社は、会員に対してYahoo! JAPAN IDを発行します。会員は、Yahoo! JAPAN IDおよびパスワードを、ヤフー利用規約に従って管理するものとします。

第4章 利用料および支払方法

第10条(利用料)

  • 本サービスおよび指定サービスの利用にあたって、会員は、その利用料を当社または提携先事業者に支払います。利用料の細目、金額および算定方法は、当社が別途定める「料金表」によるものとします。なお、当社および提携先事業者に対する支払に関しては、当社または提携先事業者、もしくは当社または提携先事業者の委託する第三者が収納するものとします。この場合、収納を行なう者には、利用料の代理受領権限が付与され、利用料の収納は、収納を行なう者が定める諸規定に従って行われます。

第11条(Yahoo!ウォレット)

  • 前条の利用料を当社が自ら受領する場合、利用料の支払のために会員が登録する情報は、Yahoo!ウォレットへの登録情報として管理されるものとします。

第12条(利用料の支払方法)

  1. 会員は、次の各号の方法のいずれかで、利用料を支払うものとします。
    (1) クレジットカード
    (2) 当社提携銀行預金口座振替
    (3) その他当社が定める方法
  2. 利用料の支払が預金口座からの振替による場合、利用料は本サービスを利用した月の翌月26日または27日(当日が金融機関の休業日の場合は翌営業日)に会員指定の口座から引落されるものとします。
  3. 利用料の支払がクレジットカードによる場合、利用料は当該クレジットカードの会員規約において定められた振替日に会員指定の口座から引落されるものとします。

第13条(料金等の計算方法)

  1. 当社は、利用料について、本規約に別段の定めがある場合を除いて毎月暦月末日をもって締切り当該月末日が属する料金月の利用料を請求するものとします。なお、契約開始月については、会員契約の成立日から起算し、当該月末日までの間の利用料を日割計算するものとします。この場合、日割計算は当該月の暦日数を用いて行うものとし1円未満の端数が生じた場合には、その端数を四捨五入するものとします。
  2. 会員契約が解除、解約等理由の如何を問わず終了した場合、会員は、会員契約が終了した月の末日までの利用料を支払うものとします。なお、本規約に別段の定めがある場合を除き、会員が第20条に基づき会員契約を解除するときは、当該会員は、利用料の支払対象期間中、本サービスを利用することができるものとします。
  3. 当社は、当社の業務の遂行上やむを得ない場合は、第1項の料金計算の起算日、締切日を変更することがあります。

第14条(消費税等相当額の計算)

  • 当社は、消費税等相当額の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。

第15条(延滞利息)

  1. 会員は、利用料(延滞利息を除きます。)について支払期日を徒過してもなお当社に対して支払わない場合、支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数について、年14.6%の割合で計算して得た額を延滞利息として、当社が指定する期日までに支払うものとします。
  2. 当社は、前項の計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。

第5章 責任

第16条(責任)

  1. 当社が本サービスを提供すべきであるにもかかわらず、当社の責に帰すべき事由により、会員が本サービスを全く利用することができない状態(本サービスの利用に関し著しい支障が生じ、全く利用することができない状態と同程度の状態となった場合を含みます。)に陥った場合、または、同じ状態が、当社の知った時から起算して3営業日以上継続した場合のいずれかに限り、会員からの損害賠償請求に応じます。
  2. 前項のいずれかの場合における損害賠償の範囲は、本サービスの提供を受けることができなかった時間に相当する利用料相当額とします。
  3. 当社は、当社提携先事業者の責に帰すべき理由により本サービスの提供ができなかった場合であって、かつ、当社が当社提携先事業者から損害賠償を受領したときには、当該受領額を本サービスが利用できなかった会員全員に対する損害賠償総額の限度額とし、第1項および第2項に準じて賠償請求に応じます。
  4. 当社は、本サービスの利用に関連して当社が会員に対し損害賠償責任を負う場合、損害賠償の範囲は、当該会員に現実に発生した通常損害の範囲に限られるものとし、かつ、その総額は、当該損害が生じた日が属する月に当社が当該会員から受領すべき料金およびこれに対応する消費税等相当額を加算した額の範囲を超えないものとします。
  5. 前各項の規定は、当社に故意または重過失があった場合には適用されません。
  6. 天災地変、戦争、内乱、暴動、テロ、事変、感染症、停電、通信設備の事故、原因不明のネットワーク障害、通信事業者の役務提供の停止または緊急メンテナンスの実施、内外法令の制定・改廃、公権力による命令・処分・指導・要請その他の不可抗力により本サービスを提供できなかったとき、当社は、一切その責任を負わないものとします。

第6章 サービスの利用停止等

第17条(通信利用の制限)

  • 当社は、電気通信事業法第8条に基づき、天災、事変その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがある場合の災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持のために必要な事項を内容とする通信および公共の利益のため緊急を要する事項を内容とする通信を優先的に取り扱うため、本サービスの利用を中止する措置をとることがあります。

第18条(本サービスの中止・停止)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの責任も負うことなく、本サービスの一部または全部の中止または一時停止をすることがあります。
    (1) 当社の本サービス用設備の保守上または工事上やむを得ない場合
    (2) 提携先事業者が電気通信サービスを中止あるいは一時停止した場合
    (3) 提携先事業者が指定サービスを中止あるいは一時停止した場合
  2. 当社は、前項の規定により本サービスを中止するときは、あらかじめその旨を会員に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

第19条(会員利用の停止)

  1. 当社は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの責任も負うことなく、本サービスまたはYahoo! JAPAN IDの利用を停止することがあります。
    (1) 会員契約に関して当社に虚偽の事項を通知したことが判明した場合
    (2) 支払期日を経過してもなお利用料を支払わない場合(なお、第22条により、権利の譲渡が行われた場合には、権利の譲受人に対する利用料の不払も含むものとします。)
    (3) 利用料の支払に使用するクレジットカードを発行したクレジットカード会社からクレジット利用契約の解除その他の理由によりクレジットカードの利用を認められなくなった場合
    (4) 破産または個人再生手続等法的倒産手続の申立があった場合
    (5) 会員が会員の義務に違反した場合
    (6) その他本規約上またはヤフー利用規約の義務に重大な違反をしたときまたはそのおそれがある場合
  2. 当社は、前項の規定により本サービスの利用停止をするときは、あらかじめその理由、利用停止をする日および期間または停止を解除する条件を会員に通知します。ただし、前項第1号、第5号もしくは第6号に該当する場合または緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  3. 本条に基づき本サービスまたはYahoo! JAPAN IDの利用が当社により停止された場合といえども、第20条または第21条に基づく会員契約の解除がなされるまでの間については、別段の定めのある場合を除き会員の利用料の支払義務は免れないものとします。

第7章 契約の解除

第20条(会員が行う契約の解除)

  1. 会員は、指定サービス契約を解除しなければ会員契約を解除することはできません。
  2. 会員は、会員契約を解除しようとするときは、当社所定の方法によりその旨を当社に通知するものとします。会員が別段の意思表示をした場合を除き、解除の意思表示が当社に到達した月の末日をもって会員契約が解除されるものとします。
  3. 第1項の場合において、その利用中にかかる会員の一切の債務は、会員契約の解除があった後においてもその債務が履行されるまで消滅しません。

第21条(当社が行う契約の解除)

  1. 当社は、第19条の規定により本サービスまたはYahoo! JAPAN IDの利用停止を受けた会員が当社から期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、当該期間が経過しても、なおその事由が解消されない場合には、当社所定の方法により通知することにより、その会員契約を解除することができるものとします。
  2. 当社は、次のいずれかに該当する場合には、本サービスの利用停止をしないで、ただちに会員契約を解除することができるものとします。
    (1) 会員が当社の提供する他のサービスにおいて当該サービス利用に関する規約に違反した場合
    (2) 会員が会員の義務に違反し、当社の業務の遂行に支障をきたすと当社が判断した場合
    (3) 会員が死亡したことを当社が知った場合
    (4) 事由の如何を問わず、指定サービス契約が終了した場合
  3. 第1項および第2項の規定により会員契約が解除された場合、会員は、本サービスの利用にかかる一切の債務につき当然に期限の利益を喪失し、未払債務の全額をただちに支払うものとします。

第22条(権利の譲渡)

  • 当社は、本規約に基づき、会員に何ら通知を行うことなく、当社が会員から利用料(延滞利息を含みます。)の支払を受ける権利の全部または一部を、会員が利用料の支払に使用するクレジットカードを発行した会社に対し譲渡することができるものとし、会員はこれを承諾するものとします。

第23条(通知)

  • 当社は、電子メールによる送信、当社のウェブサイトへの掲載その他当社が適当であると判断する方法により、会員に随時必要な事項を通知するものとします。また、会員は、当社に対する問合せを原則として電子メールで行うものとします。

プレミアムプラン特約

本サービスのうち「Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)」(以下「プレミアムプラン」という。)の会員契約が成立した会員(以下「BBプレミアム会員」といいます。)および提携先事業者のプロバイダープラン「プレミアム」に加入した者(以下「プレミアムISP加入者」といいます。)は、会員契約の有効期間中、当社の指定するYahoo!プレミアム会員向けサービス(https://premium.yahoo.co.jp/ )等を無料で利用できる資格(以下この特約において「プレミアムサービス利用資格」といいます。)を有します。Yahoo!プレミアム会員向けサービスのご利用にあたっては、ヤフー利用規約およびYahoo!プレミアム利用ガイド(https://premium.yahoo.co.jp/info/guidelines)が適用されます。

第1条(会員契約中のプレミアムサービスについて)

  • BBプレミアム会員およびプレミアムISP加入者は、会員契約の有効期間中、プレミアムサービス利用資格に基づき、Yahoo!プレミアム会員向けサービスおよび本サービスとは別に当社が任意に定める優待特典のサービス(以下、総称して「プレミアムサービス」といいます。)を利用することができます。当該優待特典のサービスは、こちらでご覧になれます。

第2条(会員契約終了後のプレミアムサービスについて)

  1. BBプレミアム会員は、プレミアムプランの会員契約からスタンダードプランの会員契約(プレミアムプランの会員契約以外の会員契約をいう)への変更、またはプレミアムプランに係る会員契約の終了により、プレミアムサービス利用資格を喪失し、プレミアムサービスを利用することができなくなります。
  2. プレミアムISP加入者は、提携先事業者のプロバイダープラン「プレミアム」から脱退することにより、プレミアムサービス利用資格を喪失し、プレミアムサービスを利用することができなくなります。

第3条(サービスの変更)

  • 当社は、プレミアムサービスの全部または一部を変更し、または終了、停止もしくは中止する場合があります。

第4条(Yahoo!ボックス)

  1. BBプレミアム会員およびプレミアムISP加入者は、会員契約の有効期間中、Yahoo!ボックスの容量を増やして利用することができます。Yahoo!ボックスの利用には「Yahoo!ボックスのご利用にあたっての注意事項」をご確認ください。
  2. 会員契約が終了した場合または提携先事業者のプロバイダープラン「プレミアム」から脱退した場合、利用できる容量が自動的に変更されますのでご注意ください。詳しくは、「Yahoo!ボックスのご利用にあたっての注意事項」をご確認ください。

第5条(プレミアムサービスの利用料)

  • プレミアムサービスの利用にあたって、BBプレミアム会員およびプレミアムISP加入者は、その利用料を当社または提携先事業者に支払います。利用料の細目、金額および算定方法は、当社が別途定める「料金表」によるものとします。

附則

第1条

  • 2015年6月30日までにプレミアムプランに係る会員契約に申込み、2020年5月13日の満了の時(以下「本終了時」といいます。)にBBプレミアム会員である者は、本終了時をもって、「プレミアムプラン特約(2015年6月30日までにお申込の会員に適用)」に基づくプレミアム会員の資格(以下「旧資格」といいます。)を喪失します。

第2条

  • 2015年7月1日から2020年5月13日までの期間にプレミアムプランに係る会員契約に申込み、本終了時にBBプレミアム会員である者は、本終了時をもって、「プレミアムプラン特約(2015年7月1日以降にお申込の会員に適用)」に基づくYahoo!プレミアム会員の登録を解除されます。

第3条

  • 第1条の規定により旧資格を喪失した会員および前条の規定によりYahoo!プレミアム会員の登録を解除された会員は、2020年5月14日以降、プレミアムサービス利用資格を有します。

以上

(2003年11月15日改定)
(2003年12月1日上記改定実施)
(2004年10月5日改定)
(2004年10月5日上記改定実施)
(2005年3月31日改定)
(2005年4月1日上記改定実施)
(2008年2月29日改定)
(2008年2月29日上記改定実施)
(2009年2月18日改定)
(2009年2月18日上記改定実施)
(2009年9月1日改定)
(2009年9月1日上記改定実施)
(2014年7月1日改定)
(2014年7月1日上記改定実施)
(2014年12月12日改定)
(2014年12月12日上記改定実施)
(2015年2月19日改定)
(2015年2月19日上記改定実施)
(2015年7月1日改定)
(2015年7月1日上記改定実施)
(2019年4月1日改定)
(2019年4月1日上記改定実施)
(2020年5月14日改定)
(2020年5月14日上記改定実施)